新見製作所

164x45

謹啓

時下ますますご清栄こととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、かねてより準備を進めてまいりました新会社が、ようやく設立の運びとなり、
株式会社 新見製作所としてスタートすることになりましたことをご報告させていただきます。

 昨今、世界中には地域、文化、人種等を問わず、様々な問題が生じています。
気候変動や自然災害等の環境問題、経済や社会の発展、貧困や経済格差等の生活状況など、挙げればきりがないほどです。
このような言葉を上げると、問題の多くは発展途上国にあると思われがちですが、これらは先進国も例外ではありません。
わが国を見ても、少子高齢化から派生する社会福祉問題、経済や教育の格差など、身近に深刻な問題が潜んでいるのです。

しかし、それらは本当に解決できない問題なのでしょうか。国が、政治家が、大手企業が動かなければ解決の糸口すら見つけられないのでしょうか。近年、小さな町工場が開発した製品が世界を動かしたように、力の大小ではなくアイデアやその使い方にこそ、問題を解決する力が秘められているのです。さらに様々なネットワークを駆使して人と人、人と企業、企業と企業などもっと多くの繋がりが実現すれば、小さな力はどんどん大きくなり、大きな問題を解決する原動力になるはずです。そしてその力は、新しい技術や商品の開発や販売を積極的に推し進めることによって、生み出され、世界中に広がっていくのです。

当社は、大きな力を生み出すことを実現する企業として誕生し、「社会問題を解決すること」を経営理念の柱として掲げました。今日より明日を少しでもよくするために人や技術、サービスの提供を、世界随一のスピードをもって解決することを目指します。
その理念をいつも念頭に置くために、以下の3つを実行していきます。

1. あくなき好奇心
  どんなに些細なことも見逃さず興味の対象とすることが、大きなことにたどり着く入り口になる。
  そのための目を養い、アンテナを張ることを忘れない。

2. あくなき向上心
  「これでいい」と思った時点で発展は終わってしまう。
  現状に決して満足せず、さらなるクオリティを追い求めることをやめない。

3. あくなき探求心
  物事を多面的に捉えられているか、あらゆることを試していたかを自問する。
  粘り強い気持ち、あきらめない姿勢を持つことを恐れない。

この3つの「心」を常に指標とし、地域社会、そして世界中の人々から求められる存在であり続けることで企業として成長し、強い存在意義をもった事業を展開します。
そしてわが社の活動が、一つでも多くの問題を解決に導き、どの国の人々も平和で穏やかに、そして楽しく過ごせることにつながるよう、一丸となって精進してまいる所存です。

 社会に貢献を理念とする企業としてはまだまだ未熟な面がありますが、
今後とも皆様方より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

謹白

令和2年 6月吉日
株式会社 新見製作所
代表取締役  佐久本 秀行

やってみな分からん.
佐久本秀行
代表取締役社長